オンライン英会話

オンライン英会話が続かない?挫折の理由と継続のコツを紹介します

オンライン英会話が続かない理由と対処法

オンライン英会話は料金もお手頃で、スケジュールも柔軟に組める点が魅力のサービスです。英語を学習中の方でも、オンライン英会話を利用している方は多いのではないでしょうか?

しかし、オンライン英会話スクールの半年間の継続率はたったの30%というデータもあり、継続できない方も多いです。

そこで今回は、オンライン英会話が続かない理由続けるためのコツを紹介します。

「継続は力なり」という言葉があるように、一定の成果を得るためには続けることが非常に大切です。

英語学習を継続したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください!

AD

オンライン英会話が続かない理由8選

まずは、オンライン英会話が続かない理由について見ていきましょう!

これからオンライン英会話を始める方にとっても、継続できなくて悩んでいる方にとっても、まずは起こりうる原因を知っておくことが回避するための第一歩です。

  • 目標がない
  • 効果が感じられない
  • インプットがない
  • 緊張する
  • 自由すぎる
  • 安すぎる
  • 習慣化できない

原因を正しく把握して、対策していきましょう!

目標がないから続かない

自分の理想を実現するためには、理想至るための行動を継続することが不可欠です

一度、行動が習慣化されてしまえば努力感なく継続することが可能となりますが、習慣化に至るまでの間には強い目的意識が必要と言われています。

物事を継続するためには、最初の段階で「強い目的意識」が必要です。

まずは、あなたが英語を話せるようになりたい理由や、英語を話せるようになることで得られるであろうメリットを洗い出してみるのがオススメです。

効果が感じられないから続かない

オンライン英会話を毎日受講しているのに効果が感じられない…

そういった理由で挫折してしまう方も多いです。英会話上達のためには、目に見える変化が見られなくても、半年程度はコツコツ続けることが必要です。

目に見える効果が感じられず、モチベーションが保てない方に朗報なのですが、実は外国語を学ぶことは、それだけで脳を良い方向に鍛える効果があります。

英語学習が脳に与えるメリット
  • ワーキングメモリの強化
  • 注意力の向上
  • 海馬(脳の記憶に関する部位)の発達
  • 柔軟な考え方を習得

外国語を学ぶ一番の効用は、「脳が鍛えられる」という点にあるかもしれません

もし、英語のスキルそのものに目に見える変化がなくても、「今、脳がいい方向に鍛えられている!」と信じて続けてみましょう!

インプットがないから続かない

上記にも関連しますが、レッスン以外でインプットをしないと、自分の英会話スキルに向上が見られずにやる気がなくなってしまいます

英語を習得するためには1000〜2000時間程度の学習時間が必要と言われているため、レッスン以外での学習は英語上達のために不可欠です。

こういったことを避けるためには、少しずつでもいいので、レッスン以外の英語学習に取り組んでみましょう。

レッスン外で学んだ知識を、実際の英会話で使いこなせるようになると、自信も付きますし、やる気も出てくるはずです。

また、英会話の表現の幅が広がることで、自然と英会話を楽しめるようになってくるでしょう。

初心者には難しいから続かない

まったくの英語初心者の場合、いきなり英会話に取り組むと挫折してしまう可能性が高いです。

まずは、中学レベルの文法や語彙を理解したうえで、英会話に取り組みましょう!

また、初心者の方の場合、初心者に優しいオンライン英会話を選ぶとよいでしょう。

緊張するから続かない

初めて会う相手、しかも、それが外国人の場合、緊張するなという方が無理な話です。(私も人見知りなので、はじめましての講師だと緊張します)

人は、「初めての環境に身をおくとき」や「失敗するかもしれないことに挑戦するとき」に緊張を感じます

この緊張を少しでも和らげるために、「お気に入りの講師を見つける」「レッスンの準備をして臨む」といった対策が考えられます。

緊張してしまって続かない人は、すこしでも緊張を和らげる工夫をして、慣れていきましょう。

自由だから続かない

オンライン英会話は自由に予約ができる点が魅力ですが、それが続かない原因になってしまう場合もしばしば見受けられます。

「やらなくてもいい」という選択肢があると、どうしても楽な方に流されてしまうのが人間というもの。

ついつい、予約を先延ばしにして、いつの間には幽霊会員になっていたという経験がある方も多いかと思います。

自由だからこそ、事前に自分でルールを決めて、決めた通りに機械的にレッスンの予約を入れていくのが習慣化のために有効です。

安いから続かない

格安オンライン英会話のレッスン単価は200円を切るものが多く、非常に安くレッスンを受けることができます

それ故に、「安いから休んでもいいか…」という気持ちになってしまうこともありますよね。

ここは、上記の自由さと同様に事前にルールを決めておくことが有効です。

逆に「やるしかない状況に追い込むために高額サービスを利用する」というのも一つの手ではあります。そんな方は英語コーチングスクールを選択するのもありかもしれません。

英語コーチングスクールは高額ではありますが、サポートもしっかりしていますし、やるしかない状況を作り出してくれます。

習慣化できないから続かない

行動を習慣化するためにかかる時間は、行動の難易度によって変わります。

ロンドン大学の研究では、習慣化に必要な日数は18日〜254日と、かなり幅があり、平均は66日程度という研究結果が出ています。(平均66日)

また、習慣化するためには、事前に起こりうるトラブルを想定しておくことも必要です。

例えば、以下のような出来事は多少なりとも起こりえます。

  • 英会話レッスンの時間に友人から遊びに誘われる
  • レッスンを受講する端末が故障する
  • インターネット回線が不安定になる
  • 上手くできなくて気が滅入る

上記のような状況になったときに、どうするかを事前に決めておくことで、習慣化の成功率は飛躍的に高まります

オンライン英会話を続けるための5つのコツ

ここまでは、オンライン英会話が続かない原因について一通り紹介しました。ここからは、オンライン英会話を続けるためのコツについて紹介していきます。

  • 目的・目標を明確にする
  • インプットは自分でやる
  • スキマ時間で予習・復習
  • レッスンの時間を決める
  • マンネリを感じたら乗り換える

目的・目標を明確にする

習慣化には、最初の段階で「強い目標・目的意識」が必要です

なので、オンライン英会話を受講する際には英会話を学ぶ目的や、目標とする英語レベルをしっかりと考えましょう。

また、考えるだけではなく、考えた内容については紙に書いておくのがオススメです。

挫折しそうになったときに、目的・目標を記した紙を見返すことで初心に立ち戻ることができます。

インプットは自分でやる

上達を感じるためにも、自主学習の時間を取るようにしましょう

オンライン英会話のレッスンはあくまでも「学んだことをアウトプットする場」と考え、インプットを自主的にやることで飛躍的に英会話スキルを伸ばすことができます。

現在はインターネット上に質の高い無料教材がたくさんあるので、オンライン英会話以外でお金を掛けたくない方でも無理なく取り組むことができます。

スキマ時間で予習・復習

オンライン英会話の効果を高めるためには、レッスンの予習・復習も大切です

短時間でもいいので、事前に話す内容をまとめておいたり、レッスンの録画を見返して重要な箇所を復習したりということをやっていきましょう。

知識が定着すれば、それだけ効果も早く実感することができ、英会話を純粋に楽しむことに繋がります。

時間を決めて受講する

オンライン英会話を習慣化するためには、レッスンを入れる曜日・時間を固定することがオススメです

私の場合は、突発的な予定が入りにくい朝の時間帯を活用しています。レッスン時間は25分程度なので、いつもより30分早起きしてレッスンを受けるとよいですね。

また、レッスン受講後、端末を閉じる前に次のレッスンの予約を入れるというルールを持っておけば、継続的にレッスンを受講することができます。

マンネリ化したら乗り換えもあり

人間は習慣化した行動を取るときに退屈を感じます

つまり、習慣化された行動を取るときに、人間は苦痛も喜びも感じません。

この「退屈」は習慣を辞めてしまう原因になるので、習慣化してきたら新たな刺激を追加するようにしましょう。

  • カリキュラムを変更する
  • 講師を変更する
  • サービスを乗り換える

などの対策が考えられます。

「退屈」を感じるのは、行動が習慣化されてきた良い兆候でもあるので、うまく退屈と楽しさのバランスを取るように心がけるとよいですね!

強制力がほしければ英語コーチングも検討しよう

それでもオンライン英会話を習慣化できない方は、英語コーチングの利用を検討してもよいかもしれません。

  • 英語学習にある程度の資金を投下できる
  • 短期集中で英語力をアップしたい
  • ある程度強制的に勉強したい

上記のような方は英語コーチングスクールも検討の選択肢に入れてみてください。

3日坊主でも自己嫌悪に陥らないことが大事!

さて、今回はオンライン英会話が続かない理由と、続けるためのコツについて紹介してきました。

いろいろと工夫をしても3日坊主で終わってしまうこともあるかもしれません。

やると決めたのに途中で挫折してしまうと自己嫌悪に陥ってしまう方もいるかもしれませんが、その必要は全くありません。

最も恐れるべきことは「どうせ続かないから…」と言って新たな挑戦を避けてしまうことです。

「3日坊主になった」ということは「新たな挑戦に3日間取り組んだ」ということです。自分に対して「ナイストライ!」と言葉を掛けて、堂々と次の挑戦をすればいいわけです。

そうやって何度も3日坊主を繰り返すうちに、徐々に習慣が身に付いていくこともあります。

気長にコツコツと取り組んでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました